危険性の高いスズメバチは業者に駆除依頼を行う

ハクビシンの駆除

ハクビシン駆除とその処分方法について

ハクビシン駆除は害獣駆除の専門業者に頼むこともできますが、市町村によっては申請すれば有害鳥獣捕獲の許可が下ります。 わな猟免許が必要な地域がほとんどのため、はこわなを設置する前にあらかじめ確認するのが無難です。 はこわなでハクビシンを捕獲した場合、どう処分するのかは市区町村の役場に処分方法を問い合わせて下さい。 該当する清掃センターでの焼却処分など、適切なハクビシンの処分方法を紹介してくれるはずです。 ちなみに、ハクビシン駆除を業者に頼んだ場合の価格は15000円が相場です。 捕獲した後に自分で処分しなくていいのが最大のメリットです。 捕獲に慣れていない方や処分方法に困っている方は専門の業者に任せるのが手っ取り早いです。

ハクビシン駆除とその処分方法について

ハクビシンは果樹園に入り込み、果実などを食べ荒らすことで深刻な農業被害を与えることがあります。 時にはビニールハウスに侵入することもあり、頭部が潜れる大きさの隙間ならばどこでも侵入できるので、ハクビシン駆除の直後には小さな穴もすぐに補修する必要がある厄介な動物です。 果樹園やビニールハウスだけではなく、民家の屋根裏に棲みつき、複数匹の足音による騒音や糞尿による悪臭で生活被害をもたらす事もあります。 日本では鳥獣保護法により狩猟獣に指定されていますが、アライグマと違って移入時期が不確定なため、外来生物法で特定外来生物指定を受けておらず、現在は駆除対象となっていません。 明治時代から被害は増え続け、ハクビシン駆除を専門とする業者が現れるまでにはそれ程時間は掛かりませんでした。